うつ病治療には、原因をハッキリさせることが重要

三角模様

セルフチェック

セルフチェックも有効

うつ病は誰もがかかりうる病です。近年ではマスコミの力などで認知度が高まり、多くの方がその病名は知っていることでしょう。 うつ病になる原因には様々なものがあります。仕事が原因という方も多いですが、恋愛や家族関係などプライベートなことが原因となる方も少なくはありません。こうした環境が影響し、精神的・肉体的ストレスが続くことで、脳内の伝達物資に異常をきたすことがうつ病の原因とされています。また、生真面目・責任感が強いといった個人の性格も関わっているといわれています。 うつ病ではないかと感じたら、早めに医療機関を受診したほうがよいのですが、心療内科には抵抗を感じる方も多いものです。まずはご自分で気軽にできるセルフチェックから始めてみるという方法もあります。内科などにリーフレットが備え付けてあることもありますし、インターネットでも手軽に行うことができます。

家族のサポートが大切

うつ病が疑われる場合やセルフチェックシートでうつ病の可能性が高いと判断された場合は、いち早く医療機関を受診しましょう。早期に対応することで、治療も楽に行うことができますし、日常生活への影響も抑えることができます。 うつ病の治療は休養と投薬の二種類があります。まずは精神的・肉体的ストレスから解放し、ゆっくりと休養をとる必要があります。同時に、症状に応じて抗うつ薬や睡眠障害解消のための薬などの投薬が行われるケースが一般的です。どのような治療ほうがとられるにせよ、家族のサポートは欠かせません。 ご家族の方としては、なぜうつ病になったのか、その原因が気になるところではありますが、あまり根掘り葉掘り問いただすことはおすすめできません。今はゆっくりと休むべきだという認識で、ゆったりと寄り添うことで、患者本人の安心感につながります。

Copyright (c) 2015 うつ病治療には、原因をハッキリさせることが重要 all reserved.